すてきな便り。

レコーディングが終わってから、素敵なことばかり。

 

ここ数ヶ月、なんだかとても苦しくて、淋しくて、切なくて、

友達に毎晩おしゃべり付き合ってもらったり、大泣きしたり、、、

「耐える。」そんな日々でした。

 

その中でのレコーディングは、やりづらいどころか、

現実逃避させてくれる異空間となり、逆に集中力が増し、

仕事に喜びを感じるほどでした。

そして、その内容が、オリジナルではなくカバーという、

私もミュージシャンも、ちょっと楽しんじゃってる感満載の日々だったので、

なおさら救いでした。

スタッフと共にスタジオに入っている間は、

そんな想いから解放されていたんです。

 

だから、レコーディングが終わって、様々な作業が無くなることが、

とても怖かった。

ひとりになったら、また色んな想いに押しつぶされてしまうんじゃと思ったから。

 

でも違いました。

本当にレコーディングの終わりを待っていたかのように、

吉報が届いたり、素敵なことが沢山起き始めました。

なんて幸せなんだろうって、思う毎日。

もっともっと幸せになりたいって、たまにはどん欲にもなってみたいけれど、

油断しないように、地に足をちゃんとつけて、日々暮らしていかないとね。

浮かれてしまえば、一瞬にして足をすくわれるもんね。

 

でも、幸せは幸せ。噛み締めることくらいいいじゃない♪

って思う。

 

全てが満たされてるわけじゃない。

不安がひとつもないなんてことはない。

だけど、ほんの少しでこんなに幸せになれるなんて、

私は本当に幸せな人間なんだなって思う。

 

この先はどうなるかわからない。

だけど、今はすごく笑顔でいられる。それだけでじゅうぶん。

 

また明日からがんばろう。

頑張ってる人はやっぱり素敵だって思った。

キラキラしてて、羨ましくて、美しいほどカッコイイ。

私もそんな人になりたいって思った。

負けないように、私もがんばらなきゃって思った。

 

私を笑顔にしてくれたように、私も誰かの笑顔になりたい。