ペットショップ出身犬

メグです。

普通のだっこです。

 

はい、大型犬です。

 

 

写真に写ってるのは、幼馴染みのKちゃんです。

奥さんと遊びにきました。

 

 

我が家のダルメシアン、メグは、普通のダルメシアンとは少し違う。

ダルメシアンは個体差があって、飼い辛い子が多い中、

メグは人間が大好きで、こうして抱っこが大好きなんです。

なんせ、ペットショップ出身なんで、

きっと沢山の人に抱っこされてきたんでしょう。

抱っこ癖が取れませんでした。

 

また、こむぎがちやほやされているのをいつも見ているので、

自分の相手をしてくれる人がますます好きになるのです。

そばに寄れば、すぐごろんと寝転がってお腹を見せてくる。

抱っこはお姫様抱っこではなく、ちゃんと体を開いた抱っこ。

 

そして抱っこし終わると、嬉し過ぎてエビのように飛び跳ねる。

これも、大型犬なので、気持ちはわかりますが、危険なんです。

どうにかしないと、、、と悩みどころです。

 

メグの抱っこ癖が取れなかった理由に、

先住犬のこむぎが小型犬で、抱っこされている姿をいつも見ていること、

後ろ足で立てば、私とそんなに目線が変わらなくなる高さになるのにも関わらず、後ろ足で立ち抱っこを迫るのも、

抱っこをおねだりするこむぎをいつもみていることが原因と思われます。

少々困っているところです。

 

ダルメシアンの肉球は鮫肌なんで痛いし、体は大きいので重いのです。

見よ!この嬉しそうなメグの顔を。

 

肩に前足を乗せるのも、一生懸命やめさせているのですが、

どうしてもこうなってしまいます。

 

大型犬の癖に、人が大好き過ぎて、甘えっ子過ぎて、

大きな体で赤ちゃんになる。

 

 

 

メグは自分も小型犬だと、きっと思い込んでいるに違いない。