交通事故に遭いました。

びっくりしないように先に言っておきます!

 

私は生きてます。同乗の家族も犬も無事です。

 

タクシーに追突されました。

 

悪気のない事故。

法では前方不注意でも、同情してしまう事例は沢山ある。

(勿論許せない事例も沢山ありますけどね。)

被害者とは言え、運転手が気の毒でした。

 

幸いけがは無く、私が軽いむちうち程度になっただけ。

 

しかし、車は大破し、古い車だった為、この後どうなるか不安。

全損で新車になるか、同等の中古になるか、はたまた減価償却評価で、

その分のお金が入るだけか。

 

母の車。ほぼ価値ゼロ!

 

まーぢーーかーーーーよーーーーぉぉぉぉおおおぉぉ。

 

 

それにしても、保険会社のサービスは最高だった。

100/0で被害者でしたので、

同等の補償を相手側の保険会社でまかないましたが、どちらも有り難かった。

 

まず、レッカー車の出動。それはこちらの保険で。

★130キロ圏内まで無償で引き取りに伺い、ご希望の整備工場までお送りします。

★レンタカーが用意出来るまで、5万円までの足代が出ます。(レンタカーは30日まで無償。修理期間か30日のどちらか短い期間に適用します。)

★車が走行不可能で帰宅困難の場合、宿泊費も出ます。

★修理完了後、整備工場からご希望の場所までレッカーでお届けいたします。

 

そしてロードサービスの担当の方の親切な豆知識に得をしました。

 

「柴田様、これらのサービスは全て自力走行が出来ない場合のみの適用になります。頑張って無理に自分で帰宅したり、整備工場へ車を持ち込ませた場合、

自力走行が出来る車と見なされ、全て適用外になります。」

 

うぉおおおおお!!!!無理矢理自力で帰ろうとするところじゃったーー!

 

レッカーのお兄さんが、レッカー車に車を乗せる。

その時には既にトランクがしまらなくなり、部品がボロボロ取れ、

電気系統がやられ、まず公道を走れる状態ではなかったので、

十分適用内だった。

 

翌日は、相手側の保険会社とこちらの保険会社と、

合計50回ほど電話のやり取り。

病院へ行く足代、治療費などなど全て補償されました。

病院へ行く前に病院を教えて下さいと言うので、伝えると、

病院の会計時、「連絡を頂いておりますので、お支払いは結構です!」

と言われました。なんという!!!!

 

 

しかし、その病院の帰りのタクシーも、危うく自転車と衝突しそうになる場面が!

おいおい!なんだか今の私には事故の疫病神がついてそうだ。

家でじっとしていよう。。。

そう思いました。

 

 

後日、運転手さんが、お詫びに干物を持ってやってきました。

なんだかなぁ。そんなに気にしないでって思ってしまいました。

悪気の無いこと、何が起きるかわからない公道。

お互いに、今まで以上に気をつける意識が芽生えたことは、

とても良いことだと思いました。

 

漫然運転、皆さん気をつけて下さいね。

 

たった一瞬で、人生が変わってしまいます。

私たちも運転手さんも、人生は変わらずに済みました。

本当にラッキーだと感じました。

 

助かった命。大事にしていこうと思います。