2014年もよろしくお願いします!

みなさん、あけましておめでとうございます。

 

っていっても、もう年が明けて半月ほども経ってしまいましたが。

楽しいお正月だったでしょうか。

私は寝正月でした。

姪っ子甥っ子の子守りでした。

 

しかし、元旦早々、昨年お世話になったロックフェス「風とロック」の年越し特番ユーストリームに生出演してきましたよーー。

見て下さった方々ありがとうございます。

 

日付が変わって午前3時、生電話で参加した後、そのまま生中継の現場にお邪魔しました。

そして、朝8時までぺちゃくちゃおしゃべりしてきました。

歌ったり、弾き語りしたり、しっちゃかめっちゃかでした(笑)。

皆さんと迎えた日の出。

なんだかとても神々しかったです。

 

そこには、箭内道彦氏、ブラフマンのロンジさん、ザバックホーンの松田さんがおり、ブラフマンのトシロウさんは、私と入れ替わりで、私のお尻を思いっきり叩いて帰って行きました(笑)

 

本当に素敵な方々で、熱い方々で、こんな方々に応援されているなんて、

本当に有り難いし、光栄です。

また風とロックの活動に、私ももっともっと参加していけたらいいなーーって思いました。

 

 

 

そして、新年早々、4日には、渋谷公会堂でjealkbのライブに行ってきました。

やはり二足のわらじの彼らのパフォーマンスは、とっても楽しかったです!

そしてハードロックは相変わらずかっこ良くて、本当に気持ちよかった。

そして羨ましくて羨ましくて憧れてしまった。

本当になんでどうして、こんなカッコイイハードコアなサウンドが作れるんだろうって。

才能を持ち合わせている人はそれをフルに活かす使命がある、って言いますよね。

魂をフルに使ってる彼らを見て、私も勇気を頂きました。

 

本当に、人のステージを見るのは、勉強になる。

職業耳で見てしまうことを否定的に思いがちですが、

こうして客席に座ってる私は、

音楽ファンとして、同業者として、二通りの楽しみ方が出来るオイシイ人間だと思っています。

 

 

 

今年は、蠍座、絶好調らしいです。

どの雑誌を見ても、嬉しいことしか書いていない。

次の瞬間忘れてしまうのですが、春先に人生が変わるようです。

人生が変わる、生活が変わる、社会的ポジションが変わる。

春先に何かが起こり、今年の後半はそうした変化、

新たな自分に生まれ変わるそうです。

それは恋愛にも言えることだそうで。

どの雑誌、どの占い師さんも言うのだから、ちょっと信じてみようかしらー!

 

なんだか、人生のベクトルが根本的に変わるようなことが起こるかもしれませんね。

何か大きなものを手放したり、今年の年末それまでの二年間の集大成な瞬間が訪れるような、そんなバロメーターになっているよう。

楽しみで仕方ありません。

 

今まで大事にしていたものを、ぽーんと捨ててしまうかもしれません。

それもまた面白い。

今まで魅力的に思っていたものに、なんの価値も見いだせなかったり、

逆にどうでもよかったものが、必要になってくるのかもしれません。

 

私は幸せになることにしました。

会いたいって思ってくれる人を愛していきます。

応援して行きます。

無視する人や避ける人は、知りません。

 

本当に、幸せになろうって決めました。

 

 

 

私はお正月がどんなイベントよりも一番好き。

だって、みんながみんな前を向いて夢を描くから。

たった一日で年が変わってしまう。

たった数時間前のことなのに、元旦を迎えると昨年と呼ぶ過去の時間に変わる。

それがとても好き。

過去として葬り去ることが出来ると言うか・・・。

けじめや切り替えの瞬間に出来るから。

だからお正月って大好き。

 

この一年、何が待ち受けいているかわからない。

そうやってみんなが一斉に未来を向く。

期待し夢を見て気合いを入れる。

そんな一時が、とても幸せ。

 

今年はどうなるかなー。

 

 

 

 

昨年はカバーが売れ続けるまま、オリジナルアルバムを駆け込むように制作し、

そのままツアー、イベント出演、そして再びツアー、そしてDVD発売と、

ノンストップでした。

お陰で、ほとんどの記憶が実は残っていません。

でも、それでいいと思っています。

 

 

そして初めて、辞めたいって口にする自分を知った一年でもありました。

 

 

前回のアルバムほど、魂を削ったアルバムはありませんでした。

だからこそ、もっともっと大事に世に送り出したかった。

そんな気持ちを抱き、色んな悔しい想いもしましたが、

それでも形にし世に送り出せたことは、私を支え、これからの柴田淳にはなくてはならない一枚になったと思っています。

じっくり浸透していけばいい。そう思っています。

 

だけど、どこまで魂を削ればゴールに辿り着くんだろう。

どこまで傷を負えば、ゴールに辿り着くんだろう。

私はなぜ血だらけになりながらそれをさらけ出すことをし続けるんだろう。

私は何の為に、こんな運命を背負うことになったんだろう。

いつまで自分をやればいいんだろう。

そう考えるようになったほど、今、未来に希望や目的を見失っている様な、

そんな私が実はいます。

 

疲れてるんですよね。簡単に言うと。なにもかもに(笑)。

 

 

 

年末、それまでの一年のノンストップな活動が一旦止まり開放されるはずでした。

が、しかし、それと平行して憂鬱な苦しい荷物が私の背中にいくつものしかかっていました。

表立った活動が一旦止まった途端、一気にお肌があれ、顔つきがわかりました。

ものすごく老け込みました。

鏡に映った自分にぎょっとするほどです。

光を失った様な、疲れ果てた、風にコロコロ転がる様な空き缶みたいに、

魅力的な人間とはほど遠い、ただの食料を消費するだけの存在になっていました。

 

背負う荷物は多過ぎて、私利私欲にまみれギラギラしている人のパワーが羨ましいほど、なにもかもがどうでもよかったり…。

そんな私から、何が生まれるんだろう、

そんな私を誰が求めてくれるだろうと、

つまらないどろーーーーっとしたスライムみたいに解けた柴田淳でした。

 

 

占いが唯一の暇つぶしと言いながら、その内容を覚えられない私。

だけどこうして振り返ってみると、ホロスコープって当たるのかもしれないと思いました。(笑)

 

2012年の10月から試練の土星が蠍座に滞在する。

そこから2年間、自分との試練の戦いが始まる。

それは2014年のクリスマスまで続く。

 

本当に試練が訪れています。

人生でこれほどまで辛いと感じたことはないほどのことが起きまくっています。

けれどそれは全て、とても大切なことを学べるものたちばかりで、貴重な経験で、味のある人間になるにはもってこいの苦労です。

これを消化し乗り越えた先には、きっと人間レベルが上がってると思って、必死に生きています。

 

だからこそ、そんな占いが恋愛運が絶好調なんて言うもんならあなた、信じちゃうわよもーー!

嬉しくって嬉しくって、雑誌も買っちゃったわよもーーー。

 

わくわくしちゃう!!!

 

 

ずっとずっと辛口に応援して下さってる新聞記者の方から直接メッセージを頂きました。

(話したかな?)

誤摩化しは一切通用しない、そんな音楽を聴き込んでいる方です。

その方が「あなたと見た夢 君のいない朝」を聴いて、余りにも魂を削り過ぎている血だらけの一枚に、褒め言葉を通り越し、アーティストと言えども、私が限界越して心を切り刻んでいることに、心配するメッセージでした。

 

そうやって生きることしか出来ない性分であれ、

終わるときは、辞めるときは、人間をやめるときなのかなと思うほど、

いつだって限界でいきてるような生き方を、

少し改めなさいとでも言われているようでした。

 

そこまで見抜いて下さってることが逆に嬉しく、

見守って下さる方がいる有り難さ、

心配までしてもらえる贅沢さ、

痛感します。

 

楽になりたい。誰かに寄りかかりたい。

そんな風な私が今います。

 

今年はどうなるんでしょう。

もう少しペースをゆるめて、ゆっくり生きて行けるものなら生きて行きたいです。

 

 

 

 

さてさて、私は今グロッキーになりながら、頭をかきむしる様なレコーディングをしております。

さあ、一体何をしているんでしょうねー。うふふ。

 

 

やっぱり歩んで来た内容は、たった一歩であっても後々ずっと響くもので、

一歩でも納得いかない足跡を作ってしまうと、

きれいに納得いくゴールには辿り着かないなってつくづく感じました。

わかってはいましたが、改めて思いました。

 

 

レコーディングは、一瞬一瞬すべてが決断の繰り返しです。

説得されて進んで行くものではありません。

自分で納得いかなきゃ、その先には進んで行ってはいけない。

やっぱりそう思います。

 

人事異動があり、スタッフが入れ替わりました。

心機一転出直しです。

また一から柴田淳を理解して貰わなければなりません。

だけど、それは楽しみでもあります。

 

気を遣っていられない制作現場で、いかに理解してもらえるか、

仕事の先にプラスαの想いをいかに抱いてもらえるかは、

私自身にかかっています。

それは私の責任。

魅力的な人にならなきゃですね。

 

そして波風が立つことに恐れ、その場しのぎの為に、いい子ぶりっこして、

自分を閉じ込めてしまいがちなので、

そうなったら感性も何も消えます。そうなれば作品は終わりなので、

自分のアンテナに自信を持つことを鍛えていきたいなって思います。

 

 

みなさんは、どんな一年にしますか?

楽しみですね。

 

今年もどうぞ、よろしくお願いします。

素晴らしい一年になりますように。

 

 

 

 

PS

年が明けてから、今更、ドラマ「ミス・パイロット」を見ました(遅過ぎ!)

超面白かったです。

マネージャーも見ていたらしく、久々に面白いドラマだねーって盛り上がりました!

いいなー。私もパイロットになりたかった。

 

 

なりたかった職業

 

救急救命士

看護士

刑事

消防士

客室乗務員

パイロット

キャスター

 

 

つまり制服に弱いのね(笑)

 

 

今年もよろぴく!