舞台「俺たちの明日」

 

「脇役」という言葉が一切必要ない舞台を作り上げる人、岡本貴也氏。

 

 

私が作家に求めるものは、上手く出来てると感動してしまうほどの完璧に計算されたストーリーの「緻密さ」。

岡本氏の舞台には、どの作品もそこにとにかく感動してしまう。

いつの間にか引き込まれ我を忘れる楽しさ。

緻密であるが故に、遊びのない完全に束縛される意識の中では、それが舞台であり、フィクションであり、客席に座り、夜であり、新宿で休日を楽しんでいる、ということ全てを完全に奪われる。

つまり集中させられるんだ。それがとても楽しくて心地よい。

 

Twitterでお知り合いになった、作家で脚本家の岡本貴也氏の舞台、「俺たちの明日」観てきました。

とても楽しくて、心地よかった。

毎度のことながら、存分に満たしてもらえる何かがある。

 

開演10分ほど前に会場に到着し、まず驚いた。

こんなに沢山のロビー花は見たことがない!ってほどの花たちがロビーを埋め尽くしていた。

世間に疎い私は、そして舞台の前は決まって予習は絶対にしないことをモットーとしている私は、一体誰がご出演なさるのかさえうっすらな認識で会場に入るので、ど、どど、どんなお芝居なんだろう!と一瞬たじろいでしまいました(笑)

 

予習をしてこないと、このようなどっきりがなんといっても楽しいのです。

何が待ち受けているかわからない。

知り合いの役者さんが出てくるかもしれない。

舞台の内容は、悲しいのか楽しいのかもわからない。

そんな状態で舞台に挑むと、心が一切期待したり構えることが出来ないので、純粋にその世界を新鮮な感覚でキャッチ出来ると思うんですよね。

 

小説の裏に、簡単なあらすじが書いてる。

私はそれすら読まない。

見るとしたら、タイトルと、イラストと、帯の一言くらい。

だから帯というのは、実はもの凄い購買意欲に影響していると感じます。

 

客席へ向かいながらチラシを見ながら歩く。

イケメンの若手俳優さんがズラーっと並んでおり、ああ、どーりでーーー!と、お花が沢山並んでいることに、なぜか妙に納得(笑)。

 

そう言えば、岡本さんのブログでは、可愛い俳優さん達の写真が沢山アップされてたよなーと、思い出したり。

 

自分の年齢からすると、息子目線で見そうなほど若手の方々ばかりなので、私なんかが見ていいのだろうか。おばちゃんでも楽しめるだろうかと、少々不安になりながらも客席に座りました。

 

 

 

そして始まったお芝居。

失礼ですが、身長は何センチですか?

何頭身ですか?

と、訪ねたくなるほどの日本人離れ(いや、現代はこれがスタンダードになってきて、私の様な6頭身スタイルこそが日本人離れと言われる日がもうすぐそこまで来ているんだろうが)した手足の長い頭の小さな美しい俳優(ここでは美しいと言いたい(笑))さんたちが、遠くを見つめて夢や希望と現実との葛藤に、嘆き呟き、去って行く。

 

そうか、青春群像劇か・・・。

 

私の思考回路なんてこんなものだ。(笑)

岡本氏の脚本演出。そんな話では、やっぱなかった(笑)。

 

日付変わって一昨日から始まったまだまだホヤホヤの舞台ですから、ネタバレになってしまうので一切言えませんが、息を飲み引きずり込まれるストーリー展開で、あっという間に終わってしまいました。

 

戦闘シーンがあるのですが、そこからラストまで圧倒されます。

格闘シーンにしても、勿論計算された動きなんだろうけれど、それがとにかく上手く出来ていて素晴らしく、もみくちゃになって大声を出し、ただ揉み合うような喧嘩シーンではなく、動きが音になっている様な、音が動きになっているような、なにか本来は視覚から入ってくるものではないものが入ってくる様な、そんな、今やってることのようにしか思えないリアルさがありました。

 

そこから先は一言たりとも聞き逃せないほど、一瞬たりとも見逃せないほど、重要なことのオンパレード。

一人一人の重要さが半端無く重く、出番が終わる人がいない。

 

素人が書いてるだけなので、凄い生意気なことを言っているかもしれませんが、とにかく観た方がいいです。

お勧めします!

良いお芝居を見た後の、この充足感がたまらないですね。

19日まで公演しています。

新宿の紀伊国屋ホールです。

 

是非是非、皆さん観に行ってみてください!

当日券もあるみたいです。

詳しくはこちら↓

 

舞台「俺たちの明日」公式ブログ

 

 

あ、そうそう、帰りに楽屋挨拶をさせていただいて、前回も拝見させていただいた岡本氏の舞台「暗転セクロス」に出演なされていた、柴田淳大ファンの役者さんと、夢中で感想の立ち話を繰り広げ、盛り上がり…、えっと。。。。お名前聴いてくるの忘れちゃった!そうそう、パンフレット見れば…パンフレット買うの忘れちゃったよもーーーー!!!!

最後に出て来た刑事さんです(笑)。

あ、わかりました!斎藤健二さんです(笑)。失礼しました。

 

最後の最後まで抜かりないと言うか、本当に脇役が居ない舞台。

すごいなもーーー。

 

しかもしかもですよ、ちびまる子ちゃんに性格が似てると言われる柴田淳。

声優のTARAKOさんなんか、もうちびまる子ちゃんの魂のお方ですよ。

(アニメは声優さんが魂。声優さんが変わってしまったらそれはもはや別キャラ。)

そのTARAKOさんが私の曲をプライベートで聴いて下さっていることは、風の便りでうすら知っていたのですが、なんとその俳優さんがTARAKOさんの舞台にご出演なされて、さらにその舞台で柴田淳の曲が二曲も使用されていたと教えて下さいました!

 

言ってよもーーー!言ってよもーーー!

見たかったな、見たかったな。

TARAKOさん、見たかったです!

なんだったら、生で歌わせて下さい。

通りすがりの唄うたいで、出させて下さい。岡本さん!←対象変わったなおいっ!(笑)

 

 

 

 

舞台が大好き。

もっと言えば客席が大好き。

もっともっと言えばお芝居が始まる前の客席でワクワク待つ時間が大好き。

 

私、思うんですけど、難しければ素晴らしいとか、意味難解なのはそれだけレベルが高い舞台だとか、全然思わないんですよね。

長くて難しくて疲れた舞台、でしかないんですよね。

人の評価に踊らされて、そんな難しい舞台をわざわざ選び観てる私は演劇をわかってる、なんて酔ったりはしません(笑)。

 

高校生の頃、私、音楽に対してそんなところがあったんですよねー。

おじさんたちが聴く様な音楽を女子高生の私が聴いてるなんてかっこいいでしょ!わかってるでしょ!なーんて感じにね。

 

全然好きじゃなかったのに(笑)。

 

もうそうはなりませんね。

 

それって、みんなが聴いてるから聴いてるだけであって、あなた自身本当に好きな曲なの?って聞いてみたくなる感じととても似てる気がするんです。

で、あなたはどうなの?ってね(笑)

 

 

自分の好みに開き直るというか、自信を持つというか、自分の感性に無視をしないで生きていきたいよね。

 

来るか来ないか、だけ!

 

 

どんな無名な作家の、無名な役者の、無名な街の、無名な小さな劇場の、舞台であっても、私はただ、心を鷲掴みされたいだけ。

 

有名でも、大きいステージでも、高いチケットでも、そんなの関係ない。

つまらなかったらつまらないの。

感動させてくれたら素晴らしい作品だったと言うだけ。

自分で確かめたいだけ。

人の評価とか人気とか、正直関係ない。

観たくなかったら観ない。

 

また逆に、メジャーに異様に拒絶する人にもなりたくないですね。

 

いいものはいい。ダメなものはダメ。そんな風にありたい。

本当に感動させられる作品に出逢うと、いっつも思います。

 

 

心のアンテナに正直に生きていきたいですね。

誰がなんと言っていてもね。