前向きさ

奇跡にすら思える。

もう曲が作れないと思ってた。

もう歌が歌えないと思ってた。

 

だけど今、一曲完成しました。

明日、この曲を歌入れしてきます。

 

この曲は作ってる時から、メロディがなぜか涙をそそる曲で、

歌詞を書き、歌ってみたら涙がますます止めどなく溢れ、泣いてしまいました。

 

しかし、いつもの通り、独りよがりと言うか、ほっといて、みたいな、そんな歌詞だったんだけど、

何かを羨んでいても悲しいだけ、不幸なだけ。

それよりも前向きになった方が絶対に幸せ。

相手の幸せを願った方が幸せって思って、

前向きに終わった方がいいと思って、書き直したんです。

そしたら、もっともっと泣けてきてしまいました。

 

前向きになる事がこんなに切ないというか、

 

諦める事がどんなにも、切ないというか、

 

なんとも言えない気持ちで涙が溢れてきてしまいました。

 

 

やっぱり柴田淳。やっぱり切ない曲になってしまいました(笑)。

 

 

こうして日記を書いていても溢れてくる想いってなんなんでしょうね。

ずっとここに佇む自分をやめることが、

自分を許してあげることが、

人が新しい一歩を踏み出す事が、こんなにも涙を誘うなんて。。。。

 

 

今作は、こんな泣ける曲ばっかり入ると思います。

 

今回のアルバムは、起承転結にはなってないと思います。

時間が凄くかかったのも、かけたのではなく、かかってしまっただけです。

 

私がこんな精神状態なので。。。。

 

だから、いびつな不安定な、アンバランスなアルバムになるかと思います。

期待しないことを期待していてください(笑)。

 

だけど、そんな私と曲達を超一流のミュージシャンがここまで連れてきてくれました。

ここまで完成させて下さいました。

その意味では、今までで涙が出てしまうほど、愛された、守られた、そんな特別なアルバムです。

 

だから、ここまで育ててくれた沢山の愛が、感動の涙として変わる様に、

最後、頑張ります。

 

 

最後の仕上げは…、というか、最後は肝心な歌詞を仕上げます。

そして、それを歌う歌入れをします。

 

曲はその存在のフォルムです。言葉にできない想いの塊です。

そして歌詞が出来ると、ようやく曲の顔が出来上がります。

こんな顔をしていたんだって気分になります。

そして最後は歌詞をメロディに乗せて歌います。

その瞬間、曲に魂が宿ります。呼吸をし始めます。

 

スタジオで歌入れをして、聴く時、

スタッフだけでなく、私自身もその曲を初めて聴くことになります。

長い道のりを経て、初めて客観的に聴く瞬間なんです。

まさに皆さんが新曲を初めて聴く時と同じです。

その時は、本当に、ゾクゾクっとします。

何十回も聴いてきた伴奏に、ほやほやの歌詞と歌が乗って、

今まで聴いてきた伴奏が全くの別物に生まれ変わる瞬間。

その時の快感が、歌入れの日々を支えます。

その快感が忘れられなくて、次の曲のその瞬間を楽しみにするんです。

 

歌入れの日々は、明日から。

頑張ります。