お花を見ながらリハーサル

これは、3月20日の写真。

 

7株入ってます。

実は、このプランターの中に、あと6株が植えてありました。

それを勇気を出して掘り起こし、7株にさせた写真です。

7株でも多く、このあと更に1株掘り起こして移植しました。

合計6株に。・・・これでも多いですよね。

株と株の間は、せめて30cmは離したいところ。

 

そもそもどうしてこうなったかというと、小さな枝だった苗を15本くらい、

このプランターに植えて育てていたんです。

それが順調に成長してしまい、窮屈に。

昨年の夏は、ぎゅうぎゅう詰めで風通しも成長も妨げ合い、病気になり、可哀想でした。

 

この子たち、もう5年くらいの付き合いかもしれません。

これは4月6日の写真。

 

たった半月でこんなに成長しました。

新芽の伸びる早さは本当に凄い!見ていて気持ちよい。

やはり、6本でも窮屈ですね。

もっと勇気を出して移植すれば良かったと後悔。。。

既に新芽と新芽がぶつかり合ってます。風通しも悪そう。

そして今日、4月14日。

 

連日の雨で、土が緩んでいることをチャンスに、

6株を3株に移植しました。

せめてこれでしょーーー!って間隔。

 

これ、角度のせいで小さく見えていますが、実は向こうと手前に凄い広がっています。

なるべく葉と葉が当たらないように、株を回転させて、植え直しました。

こんなに大きくなっていたのに、ごめんね。窮屈だったね!

プランターから掘り起こした一株。

大きな鉢が必要なほど、巨大化していました。

こんなに大きかったのに、あのプランターに入っていただなんて。

 

そして、もう二つ掘り起こした二株。

これらも、一気に大きくなるんだろうな。楽しみ。

新芽が出て来てから掘り起こして植え替えるなんて、

薔薇ちゃんにとってはとてもストレスで可哀想な事。

だけど、あんな混み混みのプランターで過ごさせるのは、もっと可哀想だと思って、

本格的な暖かさが来る前に、やってしまいたかった。

しかも、雨が連日降り続いてる。

なんとか、移植先で復活してほしいと願うばかり。

 


もうすぐ、ファンクラブイベントが再開します。

だから風邪ひいてはいけないから、あったかい格好をして、傘を差しながらベランダで作業。

これで、安心。


今、ピアノタッチのキーボードで弾き語りを練習しているんですが、

お庭を見ながら歌うのは、本当に楽しい。

そして、今まで譜面ではなく歌詞カードを見ながら弾き語りしていたのですが、

どうしても間違ってしまう。

そして、やはり予想通りでした。

歌詞を覚えて歌うと、ピアノに集中出来て間違わずに歌えるように。

手、歌、歌詞、と三つも気にしなきゃいけない演奏は、やはり難しいし、

きっと心も込められない。

歌詞を覚えてしまえば、あとは手と歌のみ。

ゆったり歌える事を学びました。

 

それから、ガッチガチの弾き語りステージをファンクラブの皆さんの前で披露したお陰で、度胸が据わりました。

ファンの皆さんが見守って聴いてくれたお陰。

これを乗り越えなきゃ、弾き語りは今後も無理だった。

ありがとう。

下手くそなガッチガチの弾き語りは、なかなか見せれるものじゃない。

素人以下でしたが、それを懐かしいマニアックな想い出になってもらえるよう、

もっともっと優雅に歌えるように頑張ります!!!