柴田淳テレビ祭り

お久しぶりです。
今年は色んな事があり過ぎて、日記を書こうという発想すら湧く時間がなかった。


NHKの歌謡コンサートに出て、カッチンコッチンで歌ったり、
音霊で中田裕二くんとセッションしてきたり、
いやぁいっぱいいっぱいありました!

中田さんとのライブ、本当に気持ち良く歌えるステージ環境で、心地よい響きだったなーー。
本来の歌を歌えた気がしました。
録音しておけば良かったー。
そんなステージで念願のセッション。楽しかったですね!
中田さんとは、またどこかでご一緒出来たら良いですね。


そして、情熱大陸まで出てきました!
大阪公演と東京公演。
大阪公演では、私のステージが史上最高気温となり、ステージの脇の日陰で47.8度でした。
直射日光のステージセンターでは、どう考えても60度は超えていたと思います。
だって、顎からずっと雨が降っていたんです。
眩し過ぎて、日差しが暑過ぎて、目をつぶって歌ったりしました。
そして目を開けた瞬間、くらっと天と地がわからなくなる感覚に陥りました。
凄かったです!

ステージを終えて、しばらく酸欠。いや過呼吸ですかね。
急激に頭が痛くなって、思考停止。
本当に危険だったような気がします。
その後、楽屋に戻ってずっと涼んでおりました。
打ち上げにも参加し、二次会にも参加し、私!まだまだ若い!と思っておりましたが、
翌日から3日間、倒れてしまいました。
ちょっと熱中症気味だったんでしょうかね。
それもまた私にとっては楽しい想い出で、それでこそ夏フェスですよね!!!
一番の悔いは、そんな過酷なステージのセンターに温度計を設置しなかったことですから(笑)
何度か見たかったなーーーー。ネタになったのになーーー。

あ、そうそう、本番中に、サンダルが溶けてしまったんです。
裏のゴムが剥がれて、ステージに足跡が出来てました(笑)。
そのくらい炎の中でしたね。


そしてそして、大阪公演も、東京公演も、
ナオトインティライミくんが仲良くして下さいました。
沢山声を掛けて励ましてくれるナオトくんに、沢山支えてもらいました。
ありがたやありがたや。。。。

東京公演の前日リハーサルでは、誰も居ない原っぱに一人雄叫びあげて応援してくれました(笑)。
変な人がいるーーーー!と言いながらリハーサル。
「はい、それでは変な人へもう一曲お願いします!」と、監督さんもノッて楽しく進んで行きました。

本番もお出迎えして下さって、私も負けじとナオトさんを応援しましたよ。
だけど、ナオトインティライミ様の迫力に負けて、何も声をかけれないほどでした。
いやぁ、ドーム公演をやっちゃう人ですわ。
完全燃焼した彼の姿は、本当に声をかけれないほど、かっこ良かったでした。
スターでした!!!

あとクリスハートくん。本当にいつも褒めてくれたなー。嬉しかったなー。
あと世界一のフラメンコギタリストの沖仁さんと、海外アーティストのサポートメンバーさんが、わざわざ私に声を掛けてきて下さり、絶賛してくれました。
いやぁ世界で活躍している方に褒めてもらえるって、本当に光栄だった。

大阪では、鈴木雅之さんが褒めてくれたり、本当に信じられなかった。高校の頃からヘビロテアーティストですよ!!!!
また、ラジオ局の方が、私の声に惹かれ急いで客席に行きました!と感想を言いに来てくれたり。。。嬉しかったな。

そして藤井フミヤさん。いつだって優しくて憧れ。
東京公演には、フミヤさんのステージに、ヒロミさんと木梨憲武さんがゲスト出演なされていました。
楽しかったなー。
フミヤさんのステージを拝見し、感想を直接言えただけで幸せでした。

フェスは、こんな風に、日頃会えない、でも同じ世界に居るというミュージシャンと交流がもてるのが醍醐味ですよね。
なかなかお呼ばれされない、私。今年は沢山刺激を頂きました。


そして、葉加瀬太郎さん。
いつも可愛がって下さってありがとうございます。
再び呼んで下さって感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
また隙間でいいので、柴田淳を入れてくれたら嬉しいです。
葉加瀬さんとの「道」、本当に届けたい人に届いた気がしました。
ありがとうございました。



さてさて、今年の柴田淳テレビ祭りも明日(日付が変わって今日)で終わりかな。
明日、日本テレビの「行列のできる法律相談所」に出ます。
今年は本当に不思議な一年だった。
柴田淳が何度もテレビに出るなんて。信じられない世界がやってきた年でした。

ここ数年で心も体もズタボロになったので、音楽活動をセーブしようと決めていました。
その矢先に、新しい世界がやってきた。
まるで音楽をお休みするのを待っていたかのようでした。

音楽から離れ、違う世界に触れることで、心はみるみる救われていきました。
なかなか出来ない、いや、二度と出来ない体験ばかり。
本当にこんな機会を与えて下さったみなさん、ありがとうございました。


心がいつも仕事に縛られていた人生。
お休みなんてまずなかった。
あっても精神が束縛されたままで、何もかもから解放された状態なんて、一瞬たりとも無かった。
だから、未来に予定がない今年の日々は、10数年ぶりの休暇だった気がします。
自分を生きることが出来た気がします。
それがとっても幸せだった。
どこにも行かなかったけど、何も無い事だけで幸せだった。自由でした。

そんなお休みの中で、社会科見学のようにテレビの世界にお呼ばれした。
本当に楽しかった。


だけど、一番最初の出演以外、テレビに何故呼ばれるのか、何を求められているのか、バラエティとはなんだ、私はなんだ、と、頭でっかちになっちゃって、期待に応える出演が出来てるだろうかと、凹むばかりでした。
だから芸能人のみなさん、特にお笑い芸人の方々の才能に、憧れてしまった。
本当にかっこいい。本当に尊敬する。本当に賢くて、人格者ばかり。
なによりとーーーっても優しい。。。

第一線でずっとずっとご活躍なされている理由は、すぐにわかりましたよ。

そして、こんなまだまだ無名の私がいきなりご一緒させてもらったわけです。
沢山学ばせてもらいました。
沢山優しく支えて下さいました。
ありがとうございました。


私がテレビに出るなんて、一番戸惑ったのは私です。
だけどファンのみなさんが、
必要とされるなら出ればいい。されなくなったらやめればいい。柴田淳には音楽があるんだから、存分に楽しめば良い。
そんなスタンスでいてくれて、むしろ私より楽しんでくれていて、不安でいっぱいだった心が少し和らいだのを覚えています。

この数年でズタボロになって、しばらく音楽を休みたかった。
でも休んでいいのかなって思ってた。
そしたら、ファンのみなさんが、ゆっくりでいいとか、無理するなとか、いつまでも待ってるし、とか、みんなみんなあたたかく支えて見守ってくれていた。
ありがとうございます。
私にはこんなファンがいるんです。
こんなファン達だから、今私はここにいて、そんなファンにここまで連れて来てもらいました。

そんなファンの言葉に甘えて、今年はまだ曲は一切書いていない。
だけどテレビに出る事で、待ってくれてるファンのみなさんに、待ってもらってる間、珍しさという楽しみを提供出来たことは、とても幸せだった。
私もとっても楽しかった。夢のような時間だったよ。


私は、素人です。面白い事なんて言えません。
だから明日は、温かい目で、身内がテレビに出ちゃった姿を!息を飲んでご覧下さい(笑)。


夢の最後に、来月「風とロック」に出演します。それで今年の夏も終わり。
10月、現実に戻ります。ミュージシャンに戻ります。
新しいアルバムを産み出すため籠ります。

そして、10月末にまた、ただの柴田淳が戻ってきます。


その後もまた、もしこんな私に声を掛けて下さる世界が現れたら、
その時はまた皆さんと一緒に、楽しんじゃいましょう!

成り行きに任せて、のんびりと生きて行きたい。
歌を歌いながら、行ける所はどこへでも。出来る事はなんだって。
ガッチガチだった今までよりも、とっても幸せだから。
運命に身を任せる方が、うまくいくんだね。

こうじゃなきゃいけない。こうあるべきだ。
そのような思想は好きじゃないし、人生がつまらなくなりそう。
大切なものを失わなければ、自分を見失わなければ、
なんだってやればいいって思っています。

私はガッチガチに完璧なミュージシャンでいなくてはならないと自分を縛り付け、
逆に自分を見失いそうだったんだから。

ケセラセラ。なるようになる。なにもしなくても時間は止まらずにいてくれる。
それでいいじゃない。


最近ようやく涼しくなってきて、体が楽になってきました。
足の浮腫も取れてきました。良かった。
買い物しよう。街に出よう。人に会おう。楽しいこと沢山しよう!