やっぱり第六感??

今朝、ゴミ出しの後、

自転車のタイヤの空気が抜けていたのを思い出し、タイヤの空気を入れに行った。

(室内駐輪場なのに、こうして写真に撮ると、結構汚れてるわね。)


しっかり空気を入れ終わり、ふと自転車を見つめると、サドルに巻き付いた青い犬のリードが目に入った。

カズのだ。


考えてみたら、カズが生きていた頃から巻き付いていたんだよね。

今の今まで、まったく気にも止めなかった。


メグに使える。取っておいてあげよう。

あ、でも後で外出して帰って来た時でいいや。

そう思って、そのまま家に入った。


しばらくして、買い物や用事があったので自転車で街に出た。

帰りにランチを食べて帰ることにした。

深夜からお腹が減っていた私。

量だけはどこよりも負けないという中華料理屋さん。

迷う事なく入った。


店内にむぅ〜とした空気が漂っていた。ちょっと暑い。

空気が止まってるというような。クーラー付いているのかな。

しょうがない。もう引き返せないし、お腹空いた。

そう思いながらも、メニューを開き、がっつり焼き肉定食を注文した。


スープにサラダにどんぶりご飯。目玉焼きに唐揚げに揚げ餃子2個。そして焼き肉だ。

大食いの私でも、いつも残してしまう。

味は中の下。

そして、サイドのおかずは要らないから、もう少し安くはならないものかと、いつも思う。


コスパは良くない・・・というか、量で考えれば妥当か。

つまり、大して美味しくないんだけど、量が多いから料金はそれなりに。

・・・どうなの?それって。(笑)


気持ち悪いほど食べて、もう二度と来ないと毎回思うんだけど、

目が回るほどお腹が空いてる時は、その量を思い出し、何度か入ってきた。

そして毎回、もう来ない、と思って店を出る。


そう思うと、それでもリピートさせるだけの何かはあるってことだ。



食べる。

ただひたすら食べる。

食べ続けるんだ。

止まるな!決して止まるんじゃない!

満腹中枢が目覚める前に、食べ尽すんだ!

ノンストップでかき込んでいると、店員がおもむろにやってきた。


「あの…、ちょっと暑いですか?」

「あ、はい。そうですね!」

「あ、空調付けますね!」


付けてなかったのかよーーーーーっっっ!


数秒でクーラーが回り出したのがわかった。

埃臭くなったからだ。

おーーーーーーい!勘弁してくれーーーい!!!

食べ物に埃が降ってそう!

息が出来ない!…ほどでもないけど、吸いたくなーい!

やっぱりもう来ない(笑)



しばらくすると、隣に別の客が入って来た。夫婦らしい男女ふたり。

「冷やし中華まだやってる?」

女が店員に慣れた感じで尋ねた。

「はい、やってます!」

「よかった。」

女はそのまま冷やし中華を頼んだ。

男は何を頼んだかわからなかった。

なんとなくビールと冷や奴を頼んで欲しかった。


「ねぇ、今日って9月6日?」

「ああ。」


黙々と食べ続けていた私の手が止まった。

9月6日。苦労の日。こじつけだ。別に意味はない。

こんな風に、この日をなんとかして覚えようとしていた私がいたのは覚えている。

なんだっけ??

何の日だっけ???





____________はっ。





カズの命日だった。


今朝のブルーのリード。

今の今まで気にもしなかった、いや、気付いていなかったんじゃ?と思うほど、

存在を忘れていたリード。


なんでふと目に入ったんだろう、って思いながら駐輪場から家に戻った今朝。


今、なんとなくわかる。

カズが私にシグナルを送っていたのかなって。


今日はカズを一日想っていよう。




我が家は、ペットのお誕生日や命日を覚えておく習慣がない。

カズの母親だったビビアンの命日は、確か5月だった気がする。

「桜日和」という歌を作って、なんとか覚えておこうと思ったけど、

結局忘れてしまった。


ボストンテリアのこむぎと、ダルメシアンのメグは、今年で4才だ。

まだ若いので、健康診断などをしっかり行いたいため、まだ覚えている。


ああ!こむぎのお誕生日は8月30日だった気がっっ!

忘れてたっ!

しかも正確な日付、既におぼろげ。

だめだこりゃ(笑)