リハーサル開始

私、もっと頑張らなきゃ。



プロフェッショナルに囲まれて、れろれろ〜。
へろへろ〜〜。

昨日は、リハーサル初日でした。

体調が思わしくなく、半月経っても違和感ある喉をケアしながら、
リハーサルが始まりました。


大好きなメンバー。
大好きなスタッフ。
尊敬する人達。

いよいよ始まったんだな…って思った。


超一流の方々の音は、疑問のぎの字も生まれないほど、
なんにも問題がない。
なんで一回合わせただけで、パーフェクトなの?
って感じ。

だからぜーーんぶ、何かあったら、私のせい。私が悪いのだ。



昨日は、私の力に必死になろうとしてくれたスタッフと、必死に考えた1日。

ひょろひょろ〜〜〜〜。

果たして、私のニーズが本当に、ステージ上の私に必要なことなのか、
そこをずっと考えていた。

一生懸命考えてくれたスタッフは、
確かに私のリクエストした欲しい音を作ってくれた。
でも何か違う。
本当にこれなんだろうか。


また真っさらに、人にお任せしてそこで泳いでみたほうがいいのか…。


最近思うことがある。
キャリアを重ねると、実力とは別に、リクエストが通りやすくなる、
ということだ。
それはあまり好きではない。
好きではないし、実力が追いつかない自由は、逆に混乱したり迷子になってしまったりする。
責任も生じる。
その責任を負えないのに、権利を与えられてしまうのは、少し辛いものがあるし、
重荷に感じる時点で、抱えきれない責任とわかる。

全く贅沢な悩みでもあるんだが、
実力が伴ってないのに、要望が通りやすくなるのは、自身が見えなくなっていく恐れもある。
簡単に言うと、勘違いの始まり、と思う。


クワガタクワガタクワバラ桑畑…


人の指示に従っていればいい立場なら、なんて楽なんだろうと思うことがある。
大抵、そんな立場の人は、自分の意見は押し殺さなきゃいけない、自由がない、と嘆いていたりするものだけれど…。

でも、常日頃、全責任を負う仕事を沢山抱えていると、
誰かに全てを任せて、なーんにも考えずに、求められたことだけを考え、全力投球する…って、憧れてしまったりする。


自由=責任


なんだなぁ。
ああ、誰かに束縛されたい。
信頼できる人に全てを預けて、任せてしまいたい。
その中で、ブーブー言っていたい(笑)。



いっぱい考えて帰った。


一生懸命な人には、一生懸命考えて、誠意を持って付き合いたい。
だからこそ、いっぱい考えて帰った。


一生懸命な人は失いたくない。
愛を感じる人は失いたくない。
環境、タイミング、その時の状況などで、
常に共にしていなくても、決して縁を切るわけではない。

私は、そーゆー人をコレクターのように探し集めていきたい。

そのためには、私がいかにその人に似合った素敵な人でいるか、なんだよね。
素敵な人は、素敵な人のそばにいる。

私はまだまだお願いして、そばにいて貰ってる。
頑張りが足りないのに、身の丈には贅沢すぎる人が側にいてくれている。
これは、私がツイてるだけだ。
ラッキーなだけだ。

だから、またこの人達とお仕事出来るように頑張ろうといつも思う。
この人達に会えなくなったら努力が足りないと思え!
そんな気持ちで挑んでいます。


皆さんに気を遣い過ぎと言われる。
とんでもない。
贅沢過ぎる愛だということを、忘れたくないだけです。

ありがとうしかありません。




尊敬する大好きなスタッフがいた。
でもリハーサル終わる頃まで、その人と気付かなかった(笑)。
度が低いメガネだったもので(笑)。ボヤボヤ。



…誰だろう……。

(!!!)

ああっ☆もっちーーーーっっ♡




大好き♡


もう終わりだしっ!!(笑)